HOME
造林公社の取組
オフセット・クレジットとは
公社オフセットクレジット販売実績
link

「大山の森・クレジット」(J-VER)のご案内

 (公財)鳥取県造林公社では大山の森の水源林としての機能と森林のもつ二酸化炭素吸収機能に着目し、平成23年にJ-VER制度(現在はJ-クレジット制度に移行)に基づく「森林経営活動によるCO2吸収量の増大」のプロジェクト(大山の森 森林吸収プロジェクト)に取り組み、大山町及び江府町内の水源林の間伐により4,414CO2トンの二酸化炭素吸収量の認証(J-VER=大山の森・クレジット)を取得しています。

 「大山の森クレジット」は、これまで企業・団体の皆様に約1,000CO2トンをご購入頂き、カーボン・オフセット などに活用して頂いているところです。

 企業・団体の皆様におかれましては、カーボン・オフセットやCSR活動の大山ブランドのアイテムとして、「大山の森・クレジット」 の活用をご検討くださいますようよろしくお願いします。

 「大山の森クレジット」のパンフレットはこちら   

「大山の森・クレジット」の詳細及びお問い合わせは、下記までお願いします。

申込書

クレジット情報

        

公社が取得した「大山の森・クレジット」(J-VER)をご購入頂いた企業等の皆様

企業名 購入頂いた量
(トン-CO2)
山崎製パン株式会社 岡山工場

183

カルビーカルネコ事業部

61

第31回全国豊かな海づくり大会鳥取家実行委員会

45

水野商事株式会社

50

郵便事業株式会社が行う平成24年度カーボン・オフセット年賀寄附金配分事業

670

関西広域連合カーボン・クレジットトラベル貼付会社(徳島合同証券株式会社)

森永乳業株式会社

第64回全国植樹祭鳥取県実行委員会

56

グリーンプラス株式会社

合 計

1,077

造林公社の取り組み

 

公社では、「鳥取県造林公社における間伐促進型プロジェクト〜大山の森 森林吸収プロジェクト〜」と題して、鳥取県西伯郡大山町及び日野郡江府町の公社有林 294ヘクタールを対象として間伐促進型プロジェクトの登録を行い、平成23年度  4,414トンCO2のオフセット・クレジットを取得しました。

 このプロジェクトは、大山周辺の水源林を持続的に管理経営するため、間伐が必要な人工林を適期に間伐して健全な森林を維持し、森林による二酸化炭素の吸収を促進する。 さらには、間伐した森林の二酸化炭素吸収量について、オフセット・クレジット(J−VER)を取得・販売した追加的資金を活用して、間伐、間伐材の搬出、作業道等の整備を更に進め、環境に配慮した森林経営を持続的に進め、農山村地域の活性化に貢献していきます。

「オフセット・クレジット(J-VER)」とは

「オフセット・クレジット(J−VER)」とは、環境省による「カーボン・オフセットに用いられるVER(VerifiedEmissonReduction)の認証基準に関する検討会」における議論の結果創設された「オフセット・クレジット(J−VER)制度」に基づいて発行された国内における自主的な温室効果ガス排出削減・吸収プロジェクトから生じた排出削減・吸収量を指します。

 気候変動対策認証センターに「オフセット・クレジット(J−VER)」プロジェクトを申請し、J−VER制度に基づいた妥当性確認・検証等を受けることによって、J−VERプロジェクトとして認証を受け、オフセット・クレジット(J−VER)の発行を受けることができます。

 気候変動対策認証センターから発行されるオフセット・クレジット(J−VER)は、カーボン・オフセット等に活用が可能で、市場における流通が可能となり、金銭的な価値を持ちます。そのため、J−VERプロジェクトの実施者は、このクレジットを売却することにより、収益を上げることが可能です。したがって、これまで費用的な問題で温室効果ガスの削減を実施できなかった事業者や、管理が必要な森林を多く所有する地方自治体等にとっては、温室効果ガス削減プロジェクトの費用の全部や一部を、J−VERの売却資金によって埋め合わせることが可能となります。

 オフセット・クレジット(J−VER)の創出は結果的に、国内におけるプロジェクトベースの自主的な排出削減・吸収の取組を促進することになり、国民運動として進めている「低炭素社会形成」を促す原動力となります。

 なお、「オフセット・クレジット(J−VER)制度」は、2013年4月から「オフセット・クレジット(J−VER)制度」と「国内クレジット制度」が発展的に統合した「J−クレジット制度」により運営されています。